薬剤師の仕事

医療に関する仕事は多く存在しています。例えば医師、看護師、医療事務などが代表的でしょう。これらの仕事に加えて、薬剤を担当する「薬剤師」という仕事があります。薬剤師は正確には医療だけではなく、危険な薬品などを扱う場で活躍することもあるため、医療だけの仕事というわけではありませんが、多くの場合医学に関係した仕事となっています。

では、この薬剤師になるためにはどのようなことが必要になるのでしょうか?薬剤師になるためには国家資格である薬剤師資格を取得しなければなりません。薬剤師資格を取得するための試験を受験するためには薬学部における勉強が必要となり、少なくとも6年間専門の勉強をしなければなりません。薬剤師資格試験自体の合格率は8割程度と高いものですが、これは合格できないようなレベルの人は薬学部を卒業できないという意味であり、決して簡単な試験というわけではありません。

薬剤師の資格を取得したら、仕事先としてはいくつかの選択肢があります。調剤薬局で仕事をする場合、ドラッグストアで仕事をする場合、製薬会社で仕事をする場合などが代表的です。また、すぐにということはなかなか難しいですが、経験を積んだあとには独立し、自分の調剤薬局を持つようになる人も少なくありません。ここでは、そんな薬剤師の仕事について現場別に紹介し、同時に「定年」があるのかどうか、ということについて紹介します。薬剤師は何歳まで薬剤師なのでしょうか?