定年後の薬剤師

では、雇われ薬剤師として60歳、65歳を迎え、定年になった場合にはどうなるか、ということについて紹介します。実は薬剤師の仕事というのは、ベテランが重宝される仕事であると言えます。実力がある薬剤師であれば、通常の定年を超えたあとにも仕事をして欲しい、と思われる事が多いのです。そのため、企業によっては定年後の薬剤師を嘱託社員として再雇用する制度を持っていることも多く、定年後も仕事を続けられるケースが多いと言えます。この場合、給与等は定年前に比べると少なくなってしまうことが多いですが、その後も仕事を続けたいという人のニーズには答えやすい仕事だといえるでしょう。

嘱託社員制度を持っていない会社を定年になった場合でも、薬剤師は需要の多い仕事です。定年後の人でも雇いたいという場所が多いため、パートやアルバイトとしての薬剤師求人を見つけるのは難しくありません。続けようと思えばいくらでも続けられるのが薬剤師の仕事の特徴です。もちろん、定年を迎えてフリーとなってから、満を持して独立をするのも方法の1つです。これまでに積み重ねてきた知識や経験があれば、独立後の経営にも効果を発揮することでしょう。薬剤師は、ほんとうの意味での「定年」はない仕事と言えるでしょう。

独立薬剤師

では次に、薬剤師の独立について紹介します。親や親族などが薬局を持っている場合には別ですが、そうでない場合薬剤師資格を取得していきなり独立する、というのは現実的ではありません。まずは薬剤師としての業務を学ぶために薬局や病院、ドラッグストアなどで働き、ある程度内容を理解してから独立という運びとなります。では、独立することによってどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。独立をすることによるメリットは、仕事の内容を自分で調節出来るようになることです。

収入も月給制ではなく、売上によって決まるようになるため成功すれば雇われ薬剤師では得られないような大きな収入を得ることができます。その代わり、失敗した場合の損失を自分で背負うことになるため、リスクがあることには注意しなければなりません。デメリットとしては、薬剤師としての実力だけではなく、経営者としての実力も必要になることです。

独立薬剤師の場合、オーナーは自分自身ということになり、当然「定年」というシステムは存在しません。自分が働けると判断している間は現役です。元気であり、常に新しい薬剤についての勉強が出来るのであれば80歳、90歳で薬剤師を続けることも可能です。

雇われ薬剤師

薬剤師の定年を考える場合、自分が「独立」しているのか、あるいは「雇われ」であるのかが重要になります。ここではまず一般的な薬剤師の仕事スタイルである「雇われ薬剤師」である場合について紹介します。雇われ薬剤師の場合、どこで雇われているのかによって仕事の内容は大きく変わります。例えば病院で雇われている場合、病院で使用している薬剤の管理を行う管理薬剤師業務のほか、調剤を行う調剤薬剤師業務を兼務する場合が多いでしょう。

ドラッグストアの場合には処方箋を受け付けているのであれば調剤の仕事もありますが、多くの場合は薬局医薬品を販売するための管理者としての仕事が中心となります。さらに、陳列やレジ業務など一般的な接客業に近いことも必要になることが多いでしょう。製薬会社での場合には、海外の医薬関係の論文の翻訳行う学術業務や、自社医薬品の説明書を作成する業務などがあります。

いずれにしても、雇われ薬剤師にとって「定年」は存在しています。大規模な会社や病院である場合、一般的な企業と変わらず60歳や65歳前後が定年と設定されていることが多いでしょう。ただし、小型の調剤薬局の場合にはオーナーが設定するものであるため、違いがあります。

薬剤師の仕事

医療に関する仕事は多く存在しています。例えば医師、看護師、医療事務などが代表的でしょう。これらの仕事に加えて、薬剤を担当する「薬剤師」という仕事があります。薬剤師は正確には医療だけではなく、危険な薬品などを扱う場で活躍することもあるため、医療だけの仕事というわけではありませんが、多くの場合医学に関係した仕事となっています。

では、この薬剤師になるためにはどのようなことが必要になるのでしょうか?薬剤師になるためには国家資格である薬剤師資格を取得しなければなりません。薬剤師資格を取得するための試験を受験するためには薬学部における勉強が必要となり、少なくとも6年間専門の勉強をしなければなりません。薬剤師資格試験自体の合格率は8割程度と高いものですが、これは合格できないようなレベルの人は薬学部を卒業できないという意味であり、決して簡単な試験というわけではありません。

薬剤師の資格を取得したら、仕事先としてはいくつかの選択肢があります。調剤薬局で仕事をする場合、ドラッグストアで仕事をする場合、製薬会社で仕事をする場合などが代表的です。また、すぐにということはなかなか難しいですが、経験を積んだあとには独立し、自分の調剤薬局を持つようになる人も少なくありません。ここでは、そんな薬剤師の仕事について現場別に紹介し、同時に「定年」があるのかどうか、ということについて紹介します。薬剤師は何歳まで薬剤師なのでしょうか?